三島会メンタルヘルス定期勉強会(2005年度)

 三島会2004年の講演がきっかけとなって、三島会の有志から「メンタルヘルス」をもっと深く勉強したいという要望がありました。メンバーは7名と少人数でしたが、医師、産業保健師の先生方も毎回5、6人出席していただき、密度の濃い勉強会でした。
 
あいにくさまざまな事例は、個人情報にあたりますので公開できません。
 その代わり(になったかどうかは?)として、1人のメンバーが<まとめ>としてレポートにしたものを、ここに掲載いたします。

・メンタルヘルスに関わる病気とはどんなものなのか
・うつ病についての基礎知識
・経営者としてどんな対応をすればよいのか
予防的対策や起こった問題との向き合い方について等になります。
 


講師をお願いした池田先生

池田智子公式サイト   URL
池田智子公式ホームページ

お問い合わせ e-mail
池田先生へのお問い合わせ

産業保健師 
   池田智子
 (いけだともこ)
     Tomoko IKEDA, Ph.D.

 茨城県立医療大学保健医療学部看護学科准教授
  〒300-0394
  茨城県稲敷郡阿見町阿見4669-2
 Tel 029-840-2155  Fax 029-840-2255
 
 

記録
年月日     開催内容 会場 参加者数 ゲスト
2005.11.15 メンタルヘルス研究会オリエンテーリング及び懇親会 日本海庄や 6名 研究者4名
2005.01.18 メンタルヘルス研究会1 東京城南工業協同組合事務局 6名 研究者5名
2005.03.16 メンタルヘルス研究会2 東京城南工業協同組合事務局 6名 研究者5名
2005.05.17 メンタルヘルス研究会3 東京城南工業協同組合事務局 5名 研究者5名
2005.07.19 メンタルヘルス研究会4及び懇親会 日本海庄や 6名 研究者6名
2005.10.04 メンタルヘルス研究会5 東京城南工業協同組合事務局 5名 研究者6名
2005.11.15 メンタルヘルス研究会6 羽田鉄工団地協同組合会議室 7名 研究者5名

目次 三島会メンタルヘルス定期勉強会(2005年度
 目次

1.メンタルヘルスに関わる病気とはどんなものなのか

1)人間の性格にはタイプがある

2)性格が極端だと人格障害と判断される 

3)さらに深刻でよく知られている病気に
うつ病があります 

うつ病についての基礎知識
     うつ病の人はどのくらいいるか
     うつ病になりやすい性格傾向

うつ病の憂慮すべき点は



2.経営者としてどんな対応をすればよいのか

1)われわれにできること・・・予防的対策

 経営者として、採用時の手腕が試される
 ・ 早期対応の大切さ
 ・ 疲労がたまらないようにする
 ・ うつ病の傾向(睡眠・体調・気分等)が見られないか
 観察する
 ・ 観察のポイントは  
 ・ うつ状態への対応
 ・ 定期健診の限界

2)われわれにできること・・・起こってしまったら 

 ・ 経営者はクールな対応も大切
 ・ 職場復帰の従業員にどう対応するか
 ・ うつ病患者だった社員が職場に戻って来ても 
 ・ 会社の責任はどの程度あるのか
 ・ 残念ながら本人が退職する場合 
勉強会の内容に関心をお持ちの方へ
 
 
report
レポートをお読みいただけます。
 
     ご参考にどうぞ

トップページへ

Copyright (C) 2008 otakusantoukai.main.jp. All Rights Reserved